2013年05月22日

nanacoやwaonなど電子マネーとは違うの

nanaco - Wikipedia

株式会社セブン・カードサービスが発行し、セブン-イレブンをはじめとした加盟店で利用できる(後述)。電子マネーの他に、ポイントカード機能を併せ持っており、プラスチック製でクレジットカード大のカード式のものと、携帯端末のおサイフケータイで利用する「nanacoモバイル」の2種類の形態で、2007年4月23日にサービスが開始された。イメージキャラクターはキリンのナナコ。セブン-イレブンの「7」を模したデザインとなっている。 カード式の場合、その所有権はセブン・カードサービスにあり、申込にあたっては入会申込書への記載およびカード発行手数料300円(税込)が必要である。ただし、イトーヨーカドー店舗でハッピーデー(8・18・28日)に入会してその場で1000円以上チャージを行った場合はカード発行手数料が無料となる[1]。未成年でも入会できるが、15歳以下の場合は親権者の同意が必要となる[2]。通常のnanacoの他に、2012年4月15日より、65歳以上の人を対象として発行手数料無料の「シニアnanaco」の発行が開始された[3]。 nanacoモバイルは、NTTドコモ・au・ソフトバンクモバイルのおサイフケータイ対応端末で利用できる。2011年12月1日よりおサイフケータイを搭載したAndroidスマートフォンに対応した[4][5]。なお2012年7月1日現在、nanacoモバイルの入会にあたって手数料は必要ない。 カードやおサイフケータイには非接触型ICカード通信技術FeliCaが採用されている。 nanacoカードにはQUICPayの機能も搭載されており「QUICPay(nanaco)」の名称であるが、このQUICPay機能はセブン・カードサービス発行のクレジットカード用の機能であるため、クレジットカード会員にならずにQUICPay機能を使うことはできない[6][7][8]。 2008年3月では、発行枚数は563万枚、うちモバイルは79万枚とされる[9]。2010年3月に1000万件を突破したとの発表があった。発行枚数の近況は電子マネー#普及状況を参照。




WAON - Wikipedia

2007年(平成19年)4月25日から会員募集を開始、4月27日にサービスを開始した。プラットフォームにはソニーの非接触型ICカード通信技術「FeliCa」が採用されている。先行して実績を重ねてきた交通系(Suicaなど)、独立系(楽天Edyなど)に対して「流通系」と称されるものの一つである。 ICカードタイプと、FeliCa搭載の携帯電話(おサイフケータイ)に内蔵させるモバイルタイプがあり、ICカードタイプは単独カードのほか、イオンクレジットサービスの発行するクレジットカード(イオンカードなど)、イオン銀行の発行するキャッシュカード(イオンバンクカード)と一体化されたものを始め、他のカードとのジョイントカード(もしくは他のカードの子カードとしてのWAON)が複数発行されている(後述)。 名前の由来は複数の音が調和してできる「和音」。キャラクターには白い犬を採用、一般公募により、Happy Waon(ハッピーワオン)と名付けられている(詳細後述)。端末にかざすと、「ワオン!」と犬の鳴き声のような決済音が出る[注釈 3]。端末によっては機械音が出る場合がある。また、Suica/ICOCAを導入しているエリアではWAONとSuica/ICOCAで音が変わるようになっている。



これらのものがありますが、私がお勧めするのはこれとは少し違います。

じっくり書いていきます。

posted by コンビニ5 at 06:56 | Comment(0) | 電子マネー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。